Entries

体調不良とベビーボストン、リバティver

ご訪問ありがとうございます(。・ω・。)







やっとブログ更新できたーーーーー・゜・(PД`q。)・゜・
先週は体調不良weekでしたorz
前半は文章長いので、もしアレな人は読み飛ばして下さいね。





まず、火曜日。

朝から、嘔吐と腹痛があって昼から病院へ。
一応熱をはかってみたけど37度2分とか微熱レベル。
急性胃腸炎ということで、お薬を貰い飲んでいました。
娘の幼稚園で胃腸炎がはやっているという事だったのと、ちょっと前にゅぃが(元気なんですが)バスで吐いてしまったことがあったという事から多分ゅぃも軽い胃腸炎になっていて、それがうつったのだと思います。
バスで吐いて帰ってきた後様子を見てたのですが、オナカの調子が少し悪い?かな?くらいで、飛んだり跳ねたり食欲も旺盛だったので特に病院までは行かなかったのです。
勿論熱もありませんでした。






水曜日。

お薬を飲んでほとんど横になった状態で過ごしていました。
お薬が効いているのか嘔吐も腹痛もそれほどなかったのですが、起き上がるとまだ眩暈というかフラフラしていたので安静にしていました。
まだ微熱は継続中。







木曜日。

だいぶ食欲も戻ってきて、ずっと寝ていたせいか体のあちこちが微妙に痛かった気がして、少し起きていてみようという事に。
でもやっぱり微熱は継続。

昼頃、オナカがなんか痒い~と思って見てみたらオナカを中心に足の付け根、腰(多分背中も)に発疹!
そこまですごく痒い!ってわけではなくて、忘れようと思えば忘れるレベルだったのと、ポコポコした感じではなくて色が付いたような発疹でした。
「あー、体弱ってるから蕁麻疹っぽい感じで出たのかな?」
と、あんまり重大なこととは思いませんでした。
薬でアレルギー反応出した事も無かったし、そんなにアレルギー体質でもないので><
勢いよく広がるようであれば明日にでも病院にいこう、ひいたならひいたでいいし・・・。

その後発疹は特に手足の先にまで広がる事も無く、顔に出るわけでもなく、体の中心にとどまってました。
でもひく様子も無いので明日皮膚科にでもいってみよう、と寝る準備。
寝る準備の最中に気づいたのですが、なんだか下半身を中心に関節痛が((((;゚Д゚))))
数日横になってるとこうなっちゃうんだね~年だね~~~くらいに思ってました。

夜9時。
ゅぃを寝かしつけて、横になったままスマホで発疹について調べていました。
するとなんだか寒気が…。
気になって熱をはかってみると38度6分。
ウソーーーーーン!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
寒い!半袖半ズボンパジャマとか着てられない!!
あわててパジャマ着替えて毛布を引っ張り出しポカリ(粉末をとかすやつ)を作って氷枕を作って湯たんぽ(ミニ)にお湯入れて、ヤベーヤベーと言いながら布団にくるまりました。
何これ皮膚科じゃないな、明日また内科か(´・ω・`;)とちょこちょこ熱をはかっていたらついに39度超え><
この時、家にいたのは私とゅぃと猫一匹。
普段二世帯で一緒に住んでいるじぃじばぁばはイタリアへ旅行中。
旦那さんは長期出張で神奈川。

正直、不安でした。
熱のせいかもしれないけど妙にドクンドクンと鼓動が気になって、それがまた不安になって焦ってドキドキして…と本当に悪循環。
この時あたりから、頭の中でちらっと救急車ってどのタイミングで呼ぶんだ…とか考え始めていました。
熱が出たくらいで呼べないよね?とか。
検索してみたら救急車のマナーとか結構出てきて、「本当に救急車を必要とする方がいる」「ちょっとしたことで呼ばない」みたいな事がチラホラ書いてあったり、以前「119したのに断られた」みたいなのをテレビで見たのを思い出したのもあって、なんか熱くらいで救急車呼ぶのは申し訳ない気持ちに。
ゅぃはもう寝ているし、夜間救急センターに行くとしてもタクシーで?寝てるゅぃを起こして連れて行く?どどどどどうする??
今思えば軽くパニックになってましたね(´Д`;A)
一応、熱出した事をメールで旦那さんにお知らせ。

そこで方針を「明日の朝まで頑張る」ということにして、ゅぃ用の熱さまし座薬が冷蔵庫にあったことを思い出しました。
調べてみると大人にも使えるみたい。
とりあえず熱を下げるしかない!とゅぃの座薬を使いました。
もうね、座薬万歳!!
みるみるうちに…というのでもないんだけどやっぱり楽になりました。

どうやら旦那さんが苫小牧のじぃじばぁばに連絡してくれたらしく、ばぁばから電話が。
夜中でもひどくなったら言って~車で行くから!(大体所要時間1時間くらい)と言ってくださって、ありがたやありがたや><
でも夜中だったし、うち布団ないし、大変だろうからとりあえず朝まで頑張ってみます、とお返事してお電話終了。
座薬が少しきいてきたのか、相変わらず熱は38度代ではあったけど、なんとかうつらうつら寝ることに成功。
10時半に座薬さしたから、4時半ころ切れるな・・・とか考えながらボンヤリ寝てました。

朝4時。
ふと目が覚めて、トイレ行こう…とボンヤリとトイレへ。
普通に用たしたところまでは良かったのですが、ここから急変しました。
さっきまで(関節痛はひどかったけど)特に具合もそこまで悪くなかったのに、突然血圧があがったような圧迫感。
水のみたい…けどなんか、気持ち悪いかも?と思ったけど吐けず、心拍が妙にドクンドクンしていてジワジワと「やばい、ヤバイヤバイこれは救急車?多分時間的に考えて座薬がきれて熱があがった?高熱すぎるとヤバイっていうし、そもそも救急車呼ぶ前に倒れたら誰が玄関の鍵あけるんだ」とかグルグルと考えて、まずは座薬をもう一本さす事の方が先決!とトイレから脱出。
トイレの電気を消す余裕なんて勿論無く、トイレから出て数歩したところで目の前が真っ暗になってきました。
季節的に、朝4時はもう結構明るくなってきているはずなのに。
一気に狭くなった視界と世界がグルングルンしたような眩暈?についに歩くことも出来なくなり、這いずるような形で冷蔵庫(座薬)のところへ。
正直立ち上がれる状態じゃなかったです。
頭の中では「これは救急車レベルだ、多分呼んでも起こられないっていうか誰か助けてマジやばい」「座薬よりゅぃを呼んで起こしてスマホを持ってきてもらう方が先なのか」とか一瞬で考えていました。
でも玄関の鍵がしまっていること、ゅぃを呼んでもすぐ起きてくれるかわからないこと、あまり大声を出せる状況ではないことから、当初の座薬に向かうことにしました。

(すでに冷蔵庫の近くにいたので)気合で立ち上がり座薬をゲット。
ポカリがちらっと見えたせいか「脱水症状」という文字も頭にうかび、座薬をさした後即行でポカリを一口二口飲みました。
すると一瞬でドッと汗をかいてものすごく楽になりました。
さっきまでの死にかけみたいな状態はなんだったのかと思えるくらい…。
熱をはかってみると38度6分。
今、どっと汗をかいたことで下がったのかは不明でした。
この「目の前まっくら」「歩行困難」な状態が高熱のせいだったのか、脱水症状だったのかはいまだによくわからないです。

この後、念のため苫小牧のばぁばに電話して、状況説明。
すぐ来てくれるということでそれまで頑張る事に。
座薬をさしてからは割りと落ち着いていたので、ちょこちょこポカリで水分補給しながら待ちました。

朝6時過ぎ、じぃじばぁばが来てくれて一安心。
とりあえずこれでもし救急車呼ぶレベルになっても、ゅぃの事は見ていてもらえる。
一人じゃないって本当いいです(。´Д⊂) ウワァァァン

ばぁばが御飯炊いて、ゅぃのお弁当を作ってくれたのでゅぃは無事幼稚園にいけました。
(日付が変わったのでこの時、金曜日の朝)
ゅぃを幼稚園に送り出してからすぐじぃじが近くの病院へ連れて行ってくれました。

病院では溶連菌の検査をしたけど陰性。
夏風邪の一種じゃないかな、という事でした。
念のため血液検査をしてもらって、結果が4時ごろには出るから電話ちょうだい、ということでお薬もらって帰宅。
もう一人じゃないという安心感と、薬をもらったのでもう大丈夫!という気持ちでかなり体調も良くなってました。
ゅぃが帰ってくるまで少しだけ寝れました。

幼稚園からゅぃが帰ってきてじぃじが遊んでくれていると、夕方、なんと旦那さんが帰宅。
お休みをとって帰ってきてくれたみたいです∃ヨヨョョ。+゚(ノД`)゚+。ョョヨヨ∃
これで夜も安心だねー、と言っていたら電話がなりました。

電話は病院からで、なんと直接先ほどのお医者さんから。
内容は「血液検査の結果でたよ。白血球が普通の人の2倍超えてて13000ある。好中球が85%超えてる」というもの。
詳しく聞くと「血液中に細菌が入り込んでウヨウヨしている状態。それで白血球が増えてるけど、このままだとまた昨日と同じ状態くりかえしちゃう。もっとひどくなるかも」
ええええええええええヽ(゚Д゚;)ノ
あれ!?もうほとんど大丈夫~これで治っていくわ~とか思っていたのに!?
「とにかく細菌をやっつけないとまずいのですぐ点滴来て」と言うので急いでまたじぃじにお願いして病院へ。
すぐに2時間ほど細菌をやっつける点滴してもらいました。

どうやら火曜日に急性胃腸炎をやった時、胃腸まわりで炎症を起こしていて、そこから血液内に細菌が侵入。
その細菌をやっつけるために白血球が増えたけど、白血球は消える(?)ときに発熱するらしく、それで高熱が出たと…。
つまり昨日の夜から「白血球VS細菌」の激戦だったわけですね。
エイリアンVSプレデターみたいな。←違う
全然気がつきませんでした。
いやホント…血液検査してもらってよかった。
血液がどうなってるかなんてぶっちゃけ全然わかんないですもんね。

「もしまた今夜も熱が出るようなら明日また点滴きて」と言われましたが、その夜(金曜日の夜)は全然熱も出ず。
熱が出なければ、あとは薬で治していけるから大丈夫、との事でした。
すごく人当たりのいいお医者さんで、話しやすいしすごく症状にあったお薬出してくれる気がします。
血液検査の結果の電話も、先生の方からしてくれたし。。。
ネットでは受付の方の愛想が良くない、と書かれることが多いようですが私は全然気にしませんヽ(`Д´)ノ
お医者さんの腕が良ければそれで良し!






長くなりましたがそんなわけでまだ薬を飲んでいるものの回復に向かっています。
健康って本当ありがたいです。
少し日ごろから考えないとならないと再認識しました。
いいタイミングで明治の健康ドリンク訪問販売が来たので超迷いましたw











というわけでリバティです←展開無理矢理すぎる…


ベビーボストン、リバティverを2種類。
今回ちょっと実験的に持ち手を1cm→1.5cmにしてみています。
長さはそのままなので、ちょっと短く見えますね。

20130624_3


20130624_1

多分「Lauren(ローレン)」という生地だと思います。
内布は濃い茶色のドットを使用。


20130624_4


20130624_2

C&Sさんのリバティ「Meadow」、カラーはあずきミルクです。
内布はピンクのドット×チェック。

後日chiru-chiruさんに納品予定です。
どうやら7月にイベント出展があるようなのでそれに持っていってもらう感じかも?
体調次第ですがもう一つくらいミニボストンでも作りたいなと思っています。




今回は体調不良の記録がメインなのでこれで><
ロックの糸をニットに戻す戻すといっていて、結局戻せてない…。
ミニボストンが終わったらかな?どうだろ(´・ω・`;)









にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chikuchikuchico.blog100.fc2.com/tb.php/335-ed26b149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Instagram

twitter



広告

Extra

プロフィール

ちぃこ

Author:ちぃこ
2009年、娘が生まれてから
ハンドメイドにはまりました。
主に子供服や小物など…。

2015年、甲状腺がんになり、
それの経過などについても
書いています。

アクセスありがとぅ♪

いくつになったの

お気に入りショップ