Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chikuchikuchico.blog100.fc2.com/tb.php/424-8e12acaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うつ病騒動

ご訪問ありがとうございます。







一進一退でなんとか過ごしていたわたくし、ちぃこですが
先週末あたりからわけもなく?突然涙が出たり、
ご飯を食べるのがつらかったり、と少々ナナメ下がりな
状態でございました。

病院から処方されていた精神安定剤がなくなる前に、
一度病院へ行ってみたらいいのではという事で
いつも行っている内科へ。

ここでメンタル系の病院へ行かなかったのは、
それほど自分の精神がひどい状況ではないと思っていたのと、
いつも診ていただいている先生なので安心もあった、
というところからです。

行って、見ていただいたところ診断された結果は
「うつ病」
血液検査をして、20項目くらいのうつ病診断テストを受けて、
抗うつ剤を処方されました。

この抗うつ剤、うつ病の薬としてはとても有名らしく、
他のものよりやめやすいというのですすめられました。




が、正直・・・。




うつ病と診断されたことにショックを受けました。
病院へ行ったのは、以前処方されていた精神安定剤を
出してもらえたらいいなぁと思って行ったというのがあったので、
まさかうつ病で抗うつ剤を出されるなんて・・・。

自分で気づかないうちに、そんなひどい状態になってたの?
と思うと涙が出ました。

でもお医者様も「良くなるよ」と言われたし、もうこうなったら
薬に少し頼ってでも良くなっていくしかない。
そう思って、その夜抗うつ剤を飲みました。

(ちなみに、本当は倍量飲むようなのですが副作用を抑えるため
 最初は一錠から飲み始めるようです。なので一錠だけでした)







ところが気分を落ち着かせて不安にさせないはずのお薬なのに、
夜・・・眠れない。

きっとうつ病って言われたことがショックで気が高ぶってるんだ。
きっとそうだ・・・と言い聞かせて夜12時ごろまでなんとか寝ようとしましたが
結局、眠れず。



そのうち旦那が終電で帰ってきて、本当なら旦那に現状説明しないと
ならなかったのですけどその余裕も無く、不安と焦燥感と動悸がひどくて、
寝ているゅぃを旦那に任せて一階の母のところへ。

当然母も父も寝ていたけれど起きてきてくれて、話を聞いてくれたり
背中をさすってくれたり。。。
一緒に住んでて良かった(´;ω;`)ウゥゥ

なんとか少し落ち着いて、母のところで寝かせてもらうことにしたけど
動悸はおさまらず、結局一睡もできませんでした。




朝、薬について問い合わせようと思っていて、
ふと血圧をはかってみたところ75の45
たまに100きる低血圧の私でもさすがにこれは低すぎる!
体に力も入らないし立ち上がれない・・・。

慌てて母と父が手術を受けた病院や抗うつ剤をくれた病院に
電話をしてくれて、結局手術を受けた病院(の方が大きい総合病院だったので)へ
行く事になりました。
着替える余裕も無くてパジャマのまま行きましたよ・・・(´・ω・`;)




病院へ行くと少し待たされましたが父が車椅子を借りてきてくれたので
それに座らせてもらってぐったりしていました。
喉がひりひりするほど喉が渇いて、給水機から水をもらって少しずつ
飲んだりしていました。

やっと呼ばれて診てもらったところ、やはり薬があわなかったのだそう。
不安や焦燥感、動悸、喉の渇きも副作用。
抗うつ剤を処方してもらったのは内科だったし、やはり専門のところで
はやめに見てもらうのが良いだろうということで、電話しておいてあげるから
これからメンタル系のクリニックに行っておいで、と紹介していただきました。





紹介していただいたのは精神科というかメンタル系というか、
まぁそういった感じの専門のクリニックでした。
(正直ぐったりしていてあまり覚えていない)

そこで自分の現状、どういうところがつらいのか・・・など
時間をかけてお話を聞いてもらって、最終的に先生の診断は
「うつ病ではない」ということでした。



「最近うつ病うつ病って大袈裟に言われがちなんだけど、うつ病と抑うつ状態は別。

 風邪引いたって元気なくなるし、失恋すれば落ち込むでしょ。
 あれだって抑うつ状態なわけだし、まして今回甲状腺がんっていう体にとって
 事件が起きたわけだから、落ち込んで当然。
 手術したことで、体のエネルギーも使うけど、心のエネルギーも使うんだよ。

 あとね、症状が派手だからといって実際病気が重いとも限らないの。
 甲状腺がんだって、がんだけど全然痛くなかったし気づかなかったでしょ。
 そういう風に表面には出てこないけど大きな病気もあれば、
 パニックや不安みたいに派手な症状でも実はそこまで大したことない場合もある。

 あなたの場合はうつ病ではなく、体の不調と、それに対する不安とが少しずつ
 混じってこういう症状が出ているだけ。
 今回飲んじゃった抗うつ剤はあなたの症状にたいしては強すぎた。

 だからあなたの症状に合わせてお薬を配合して、抗うつ剤も少し入れるけど
 大体7~8分の1を朝昼晩の三回に分けて出すから。
 それで3日飲んでみて、その後どうだったか一度みて、
 また細かい薬の調整しましょう」




うつ病じゃなかった!!!!

先生の、その言葉がすごく嬉しかったです。
母も安心してました。
(ごめん心配かけて・・・orz)





その日、夕方まで抗うつ剤の副作用は続きましたが
その後は薬が抜けてすごく楽になりました。

その日の夜から、新しく出してもらった薬をのんで、
前日寝れていなかったこともあって9時前から撃沈。

念のため、母のところで寝かせてもらいましたが、
特に副作用も無く(少し眠気があるくらい)、意欲もちょっとずつ
出てきています。





ゅぃ用の夏服を完成させたよ!!!
もうね、寒いよ北海道。
着せる機会あるかしら。

まだ写真とってないの。。。





どたばたあったけど、今は少し元気です。
薬を飲むのは必要だけど、この調子なら外にも出られるようになるかも!

と、ちょっと上向きなちぃこでした(o'∀`o)ニヒッ-☆








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chikuchikuchico.blog100.fc2.com/tb.php/424-8e12acaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Instagram

広告

Extra

プロフィール

ちぃこ

Author:ちぃこ
2009年、娘が生まれてから
ハンドメイドにはまりました。
主に子供服や小物など…。

2015年、甲状腺がんになり、
それの経過などについても
書いています。

アクセスありがとぅ♪

いくつになったの

お気に入りショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。